#KEN##AREA#の自宅や実家の外壁塗装の業者依頼はどこにするのがよいのか?信頼と安心のオススメ業者紹介など

北海道

 

日本(我が国)は世界的に見ても地震国であり台風をはじめとする様々な自然災害が非常に多い地域です。

近年では地球の温暖化問題も取りざたされていますが、海水の温度が高くなっているという原因で台風の発生数が以前と比較してかなり多くなり大型化しているような傾向にあります。

では台風はどれくらい日本に来ているのでしょうか?なんと2000年以降で450以上の台風が発生しています。日本には約60もの台風が上陸しているのです。

平均年間3つの台風が日本に上陸していることになります。多い年には2桁の台風が上陸しています。

また、地震もデータによると世界で発生する地震でマグニチュード6.0以上の大地震に絞れば20%が日本で発生しています。
日本における人体に感じる有感地震の回数は年に1,100回以上で、これは1日あたり3~4回の割合で地震が起こっていることを示します。

 

外壁をリフォーム

このような年々酷くなる台風が上陸すると外壁が剥がれたり屋根が飛んだり雨漏りが家屋を痛め始めます。

台風一過、気が付くと外壁がはがれていたりします。地震ではひび割れが入ったりしていきます。

放置していますと、経年劣化でますます広がり修理場所が拡大され費用も増していきます。

そうして、いざ修理を頼むにも「どの修理業者にたのめばいいのか見当もつかない」という方も意外と多いのではないでしょうか?
外壁の修理業者というのは、施工の種類によっても対応する修理内容が違ってきます。

このサイトでは、外壁修理や関連する屋根の修理費用の相場まで、リフォームに関する情報を幅広く紹介しています。

これから外壁・屋根の修理を考えている方、さらには室内のリフォームを兼ねて外壁も修理を検討されている方はぜひ参考にして下さい。

  1. #KEN#小樽市で台風や地震に弱い外壁や弱い屋根など
  2. #KEN#小樽市での台風の影響は要注意!気づかない「わずかな損傷」ポイント
    1. 外壁のひび割れから家屋の被害を引き起こす原因
    2. 外壁の塗膜の性能劣化
    3. 建物の寿命が縮まる
    4. 壁の崩壊やひび割れは家屋の美観を損なってしまう
    5. 湿気による家屋へのシロアリの発生
  3. #KEN#小樽市で外壁のひび割れを簡単に補修する方法
    1. 市販の(ホームセンター)パテなどで埋める
    2. コーキング剤やシーリング剤をしっかり充填する
    3. プロの専門業者に依頼する
  4. #KEN#小樽市での外壁塗装だけでは雨漏りは直せません。塗装の目的は2つあります。
    1. 一つ目は「空気中の塵や埃」から守ること。
    2. 二つ目の目的は水分から外壁や屋根を守ることです。
  5. #KEN#小樽市で間違いだらけのDIY補修は家屋の寿命を短くします
  6. #KEN#小樽市で家屋の外壁・屋根などのリフォームは技術と信頼が大切・タウンライフリフォームでの見積もりをおすすめする理由
  7. リフォームのアイデア・アドバイスをもらうことが大切な理由。
    1. 失敗談1:老朽化に伴い、外壁の塗り直しをお願いしました。
    2. 失敗談2:雨漏りのため、屋根リフォームをしました。
    3. 失敗談3:老朽化により外壁にひびが入ってきたため塗装をお願いしました。
  8. #KEN#小樽市でリフォームを失敗しないためにアイデアやアドバイスは非常に重要です!
  9. #KEN#小樽市での外壁・屋根リフォームのタイミングは10年が目安です。

#KEN#小樽市で台風や地震に弱い外壁や弱い屋根など

近年は巨大台風が増えていますが大型台風の影響を受け、大水害で家が流されたり、強風や突風で家の壁や屋根また車庫や車が吹き飛ばされたりという被害が多く報告され始めました。

ここでは、台風や地震対策として「台風や地震に強い壁や屋根にする手段」について、紹介していきます。

住宅や建物にはさまざまな力がかかっています。建物自体のまず荷重があります。また家具や人の荷重などは日常的にかかります。冬場に屋根に雪が積もることによる荷重も相当なものになります。これらの荷重、どちらも上から下へという垂直方向の荷重になります。さらに地震時の横揺れ、台風など強風時には、横から、水平方向の荷重がかかります。

すなわち、上から下へと垂直方向にかかる力は建物の土台にある基礎とその柱が支えていますが、水平方向からの力(横揺れ)に対しては耐力壁が建物を支えることになります。地震に対する耐震性を左右するのは耐力壁になります。

基準の計算式は下記です。

●地震時=各階の床面積×壁係数【必要壁量】≦(各耐力壁の実長×壁倍率)の合計【存在壁量】

●台風時=各階の外壁見付面積×壁係数【必要壁量】≦(各耐力壁の実長×壁倍率)の合計【存在壁量】

建物の平面としては、なるべく単純な組み合わせになっているほうが耐力があります。また、2階建てや3階建ての建物の場合には、上の階のほうが揺れを大きく受けます。重い家具や本棚、ピアノなどを2階に置くと、地震の際に1階にかかる負荷が大きくなります。2階の床に載せる荷重を軽くするように工夫することも大事です。参照:幻冬舎HP

やはり、地震等に強くするには2階など上が重たいと柱に負担がかかり揺れに耐え切れなくなるようです。したがって2階以上の部屋には荷重の大きなものは置かないように心がけましょう。

#KEN#小樽市での台風の影響は要注意!気づかない「わずかな損傷」ポイント

台風では窓が大雨や強風により被害を受けやすいと言われています。
最近はコストを安く建築できるという理由で1階のみに雨戸を設置して2階以上は雨戸なしという家屋が増えています。

当然のことながら、近年の強力な大型台風が頻繁に発生する状況においては、雨戸全窓に必要でしょう。後付けシャッタータイプの雨戸は工事費で10万前後と言われています。

外壁においては「わずかな損傷」も注意すべきでしょう。すぐに修理が必要なほどではないが軽微な損傷を受けている場合(壁の小さいひび割れや壁の隅の小さい欠け)これを放置していると、少しづつ家屋が劣化していきます。

目視で構わないので、外壁のひび割れや剥がれ、屋根瓦の欠けやガタつきなどをチェックしましょう。屋根は通常なら「20年に1回の点検でいい」などと言われていますが、近年の大型猛威の台風が襲来したあとは、必ず一応チェックしておいた方がいいでしょう。

外壁のひび割れから家屋の被害を引き起こす原因

外壁の小さいひび割れから気づかぬままに水が侵食します。原因は雨漏りです。放置していくと広がります。また、雨漏りは躯体(くたい)の劣化にもつながります。
(躯体とは建築物の構造体のことです。)その結果、倒壊のリスクが高くなりますので早めに対処することが必要です。

外壁の塗膜の性能劣化

外壁の小さいひび割れは、塗膜の性能低下を招きます。少しでもひび割れが起きている部分から徐々にはがれなどが起こり、壁全体にダメージを受けることになるでしょう。

建物の寿命が縮まる

台風や地震によるひび割れを放置すると、建物に大きな影響を与えてしまいます。家屋の寿命を縮めてしまいます。定期的にメンテナンスは必要です。建物を1日でも長く維持できるように工夫しましょう。

壁の崩壊やひび割れは家屋の美観を損なってしまう

ひび割れがある外壁は、古びた印象を与えるものです。美観が損なわれるため、定期的に塗り替えなどを行い、きれいな状態を維持することが大切なポイントとなります。

湿気による家屋へのシロアリの発生

外壁のひび割れから浸水し、室内に湿気がこもります。その結果シロアリが発生することがあります。シロアリは、家屋の弱体化を招くだけでなく、倒壊するリスクを高めます。このようなシロアリは専門業者に依頼し駆除すると同時に、外壁の補修をしましょう。

新築住宅の7~8割が木造です。水に大変弱いので注意しましょう。プレハブも10数パーセントのシェアは持っていますが、これらは鉄筋コンクリートよりは風に弱いと言えます。

#KEN#小樽市で外壁のひび割れを簡単に補修する方法

ひび割れも簡単に補修する方法もあります。最近は補修キットがホームセンターなどで販売されています。とりあえず簡易補修と考えたほうが良いでしょう。以下補修の種類を参考にして下さい。

市販の(ホームセンター)パテなどで埋める

ひび割れの部分をパテなどで埋めてから、再塗装する方法がありますがしっかりとムラなく埋めることが大切です。また、はがれた塗装を再塗装する際には、防水加工を施すと、浸水被害を食い止めることができるでしょう。

コーキング剤やシーリング剤をしっかり充填する

台風での強風の被害とか地震での被害でのひび割れにはコーキングやシーリングを充填し、すき間を埋めましょう。ヘアークラック(建築物の内壁や外壁に生じるひび割れの一種で、比較的規模の小さいものを指す。構造には影響しないひび割れです)など細かなひび割れの補修にも適しています。シーリング剤は、アクリル系・ウレタン系・変成シリコン系・樹脂セメント系の4種類です。外壁に合うものを選びましょう。中にはシリコン系のようにペイント出来ないものがあります。

プロの専門業者に依頼する

外壁のひび割れは、見えない部分まで進んでいることがあります。業者に建物全体の点検を行ってもらい、劣化箇所をすべて補修してもらうと安心です。やはり素人の作業ではキチンと補修出来ていない場合が多いので短期で修繕しなければならない状況になります。業者に頼めばプロの技術や経験から外壁の材質やひび割れの具合に応じ、適切で完璧な補修を行ってもらえるでしょう。

業者の選択ではどのように頼めばいいのか、どこが安くてしっかりと対応してくれるのか気になりますね。

 

希望のリフォーム内容を入力するだけで、複数のリフォーム会社からリフォームプランや資金プランを教えてもらえます。見積もりは無料ですので参考に問い合わせてみましょう。

お問い合わせをしてみる

 

雨漏り

#KEN#小樽市での外壁塗装だけでは雨漏りは直せません。塗装の目的は2つあります。

まず、注意してほしいことは塗装をすれば雨漏りはピタリと止まります。という触れ込みの営業業者には注意をして下さい。

屋根や外壁の塗装は主として目的があります。基本的には屋根材や外壁の表面を保護することです。

一つ目は「空気中の塵や埃」から守ること。

砂埃や土埃。工場の煤煙や自動車の煤煙そしてそれに含まれる有害な化学物資です。
それにより、表面に傷をつけますし、煤煙の有害化学物質には屋根材や外壁材を化学変化させてしまします。外壁の材料は様々ありますが、粘土瓦を除くならばほとんど主原料はセメントか金属です。化学物質はほとんどが酸性です。酸性雨ともいわれ雨の中にも溶け込んでいます。壁や屋根などアルカリ性のセメントに付着すると中和して悪影響を与える結果になります。もちろん金属に付着すれば錆の原因になります。

二つ目の目的は水分から外壁や屋根を守ることです。

スレート(セメンと原料)などの屋根材やモルタル外壁のサイディングはそれ自体に防水性が低いのです。表面に塗装することにより塗膜で水が染み込むことを防いでくれます。しかも、屋根材や壁材は水分を吸収すると膨張し、乾燥すると収縮しますので体積は変化していきます。いずれも固い物質なので体積の変化は全体を少しずつ危うくしていきます。特に冬場は凍りますので中で膨張します。それによりダメージがより酷くなり浸み込んでいった場所で隙間が広くなってしまします。天井などの染みの後を確認していきましょう。定点観測して雨が降るたびにその染みが広がっていないかを確認することも大切です。(場合によっては雨漏りでない場合がありますの)

くれぐれも「塗装すれば雨漏りを直せます」という営業業者にはご注意下さい。

あくまでも塗装の目的は、屋根材や外壁材を水分や化学物質から守るためにするものであるという認識を持ちましよう。すでに、塗装が剥げて素材を痛めている場合は塗装だけでは雨漏りは直せないので専門リフォーム業者に依頼するのがベターです。

 

#KEN#小樽市で間違いだらけのDIY補修は家屋の寿命を短くします

普通に生活していても、大事にしていたとしても、避けられないのが家屋の傷です。

運悪く、自動車が当たってしまったり、風で自転車が倒れてしまったりして、外壁に傷ができてしまうのはありがちです。

 モルタルの外壁は乾燥収縮がありますので必然的にクラックができてしまうこともありますね。大抵の場合、そのような傷は小さなものでありますので、「業者を呼ぶまでもないか」と判断しがちです。

そこで業者に依頼するより、少しだけど見栄えも悪いし、雨水などが染みてきたら問題がありそうだから、DIYで補修材を購入し自分で補修しておこう。と思う方も多いのではないでしょうか。

ネットなどを利用すれば補修の動画等ありますが、人がそれぞれ違うように家屋もそれぞれ違いますので、ネットでの情報がそのまま生かされるということはまずないと考えたほうが無難でしょう。またネットのやり方自体それが正しいとは限りません。よくあるのは最終的には自己流になりがちです。(例えば本人の身体を詳しく検査せずに手術をしているようなものです)間違った補修をしてしまい業者に依頼して直してもらうにしても結局、それを直したり、取り除いてから再度、補修しなければならず、金額も余計にかかることになります。

プロの本音からは「分からないところやご自身で判断できないところはできるだけ、手を付けないでもらいたい」というのが正直なところではないでしょうか?

#KEN#小樽市で家屋の外壁・屋根などのリフォームは技術と信頼が大切・タウンライフリフォームでの見積もりをおすすめする理由

 

数社から家屋の無料見積もりを取ることが出来ますので利用しましょう。

タウンライフリフォームは全国300社以上の優良リフォーム業者が登録されています。あなたに最適なリフォーム見積もりプランを無料で作成してくれます。

3つの特徴!

その1

 

その2

 

その3

 

 

ご利用のお客様のお声

アイデアを頂き想像以上に満足のいくリフォームが出来ました。
まずどの会社を選んでいいかわかりませんでした。情報を集める感じで利用したのですが、希望通りの提案をしてくれたので、このサイトで紹介して頂いた会社に決めました。このサイトを利用して良かったと感じております。
(新宿区・Hさん)

細かい部分まで打合せが出来希望通りのリフォームが出来ました。
1件1件探すより、まずは一気に調べてみようと思ってこのタウンライフさんを利用しました。自分の希望を送り、それに応じてくれる会社さんだけが連絡をくれました。自分の希望を知っているので、細かい部分まで打ち合わせができ、スムーズに希望通りのリフォームができました。
(西東京市・Yさん)
複数社のアドバイスによりリフォームの不安が解消されました。
気軽に相談ができるとのことで、利用しました。何社にも同じことを伝える手間もなく、自宅で同時に会社の提案内容を比較できてよかったです。漠然とした要望にも的確なアドバイスをいただけ、とても満足しています。
(前橋市・Sさん)
リフォームの会社の方と実際に会い良いアイデアをもらいました。
”現地調査”に不安を感じていましたが、タウンライフで相談して、リフォームプランが固まりました。その中で一番自分とあった会社にリフォームをお願いし、とても素敵な外観になりました。
(川崎市・Nさん)

 

リフォームのアイデア・アドバイスをもらうことが大切な理由。

失敗談1:老朽化に伴い、外壁の塗り直しをお願いしました。

見積り金額の一番安い会社にお願いしましたが、工事から2年あまりで状態が悪くなり、改めて違う会社さんに塗り直しをお願いすることになってしまいました。

 

失敗談2:雨漏りのため、屋根リフォームをしました。

最初提示された金額から30万円割り引いてくれると言われ、即決しました。

しかし他の箇所から雨漏りしてきたり、お願いした業者とは連絡が取れず散々です。

 

失敗談3:老朽化により外壁にひびが入ってきたため塗装をお願いしました。

外壁の色を決める時に小さなサンプルだけで決めてしまったので、出来上がりのイメージがあまりにも違い後悔しています。

#KEN#小樽市でリフォームを失敗しないためにアイデアやアドバイスは非常に重要です!

専門家から提案をもらわないと、上の失敗談のように、あとあと不安が高まることになってしまいます。

専門家でないと、外壁や屋根の劣化具合、どのような工事が必要かなど、重要なポイントはわからないものです。また、誠意あるリフォーム会社なら、メリットだけでなくデメリットも考えて、工事の優先順位を説明してくれます。

家族で話し合うだけでは思い浮かばなかった、専門家ならではのアイデアやアドバイスを提案してもらうことで、より満足のいくリフォームに近づけるはずです。

 

おすすめの無料一括見積り相談はコチラ↓↓↓

#KEN#小樽市での外壁・屋根リフォームのタイミングは10年が目安です。

外壁や屋根は放っておくと劣化がどんどん進みます。大切なマイホームに長く暮らすためには内装よりも、外壁・屋根のリフォームが必須です。

 

 

上記のような状態が見られたらリフォーム検討のサインです。無料見積りしてみましょう。

 

#KEN#の外壁リフォームの無料お見積りエリア

相生町  赤岩  旭町  朝里  朝里川温泉  有幌町  石山町  稲穂  入船  色内  梅ケ枝町  奥沢  忍路  オタモイ  勝納町  桂岡町  幸  堺町  桜  潮見台  塩谷  東雲町  清水町  祝津  新光  新光町  新富町  末広町  住ノ江  住吉町  銭函  高島  築港  手宮  天狗山  天神  富岡  豊川町  長橋  錦町  信香町  花園  張碓町  春香町  船浜町  望洋台  星野町  真栄  松ケ枝  緑  港町  見晴町  最上  桃内  山田町  蘭島  若竹町  若松  

タイトルとURLをコピーしました